2017年 07月 27日 ( 1 )


断熱工事

昨日、断熱工事が行われました。

b0131526_07442745.jpg
b0131526_07441560.jpg

「平野木材の家」の断熱は【ノンフロン現場発泡硬質ウレタンフォーム】を標準採用しています。

2種類の液体を専用の機械で吹付けると、瞬時に発砲し70倍~100倍に膨らみます。その気泡の中にはたくさんの空気を含んでいるため、断熱性が極めて高い断熱材なんです。

その他特徴は・・・

・細かい隙間にもしっかりと充填し密着するので、気密性があがる
・優れた吸音性、防音性がある
・結露を抑え、家を長寿命化させる  などなど

今の住宅建築では、まず第1に「断熱性能」が大切です。これは後でやり直すわけにはいきません。この断熱材の厚みによって、壁や屋根の断熱性能が計算されます。

「平野木材の家」は柱のサイズを4寸角(120mm×120mm)を採用していますので、壁の断熱の厚みもしっかり確保できます。

今回もとても綺麗に仕上がりました。これで次の工程の進んでいけます。

来週は、【気密検査】も行う予定です。

b0131526_07443714.jpg


【木と心】でお客様の幸せのお手伝いを・・・
   ◆ 株式会社 平野木材 ◆

明日も素敵な一日が皆様に訪れますように!


[PR]

by fujiioyako | 2017-07-27 23:26 | 建築 | Comments(0)
line

平野木材 社長のブログです。


by fujiioyako
line
カレンダー