2017年 09月 12日 ( 1 )


震災に備えて・・・

今日は、宮城県のリフォーム会社社長さんからお話をお伺いする機会がありました。

6年半前の3月11日・・・仙台で東日本大震災に被災されました。
その日、お客様の現場で大地震に遭遇し、その日の話から、その後の復興から今日に至るまでの実体験をお聞かせくださいました。

1ヶ月半の間、お風呂に入れなかったことが一番つらかった
復旧したファミレスで食べたご飯が一番のご馳走だった
自宅の修理は2年後までできなかった・・・などなど

幸いにも津波の被害には合わなかったものの、会社のあった地域の建物被害も相当ひどかったようで、当初はもちろんまともに営業はできず、ひたすら地域の高齢者のお宅を回ったり、避難所でのボランティアに・・・という毎日だったようです。

そんな中でも、地域のリフォーム店としてできることを真面目に誠実にやられたとのこと。

会社のトイレを開放したり(ウォシュレット使用可)・・・携帯の充電をさせてあげたり・・・あたたかい飲み物を提供したり・・・
被災された皆様のご要望の一番は・・・給湯設備の復旧・・・これが大変だったようです。一時期は事務所の電話が鳴り止まなかったとか・・・


そんな活動が地域の皆様に認められ、今では以前より信頼していただける会社になった・・・という貴重な体験談を聞かせていただきました。参考になることがたくさんありました。

関西でも・・・奈良でも・・・いつ何時、大地震が発生するかもわかりません!
南海トラフ大地震がいつ起きてもおかしくないと言われています!

そんな際・・・
地域の皆様を応援できるように・・・地域の復興の起点となれるように・・・

そんな会社になれるように準備して成長していきたいと思いました。(^^)
勿論、そんな「Xデー」が来なければいいのですが。


b0131526_22303961.jpg



【木と心】でお客様の幸せのお手伝いを・・・
   ◆ 株式会社 平野木材 ◆

明日も素敵な一日が皆様に訪れますように!


[PR]

by fujiioyako | 2017-09-12 22:31 | 建築 | Comments(0)
line

平野木材 社長のブログです。


by fujiioyako
line
カレンダー