カテゴリ:建築( 334 )


ショールームへ

今日は、先日仮契約をいただいたお客様とショールームへ・・・

b0131526_19423301.jpg

先日行っていただいたT社さんから、今日はまた別のT社さんへ。
いつも複数社さんのショールームへ行っていただきます。

今の水回り機器は本当に進化しています。
各社、あの手この手で自社製品をアピール・・・

でもキッチンやトイレも、家と同じだと思います。

いかに長く使えて、いかにメンテナンスが少なくて済むか・・・
やはり「本物」が大切です。あとは自分が好きで毎日気持ちよく使えるかどうか?だと思います。

私も社員もしっかり勉強して、商品をたくさん見て・・・
お客様に良いアドバイスができれば・・・と思います。(^^)



【木と心】でお客様の幸せのお手伝いを・・・
   ◆ 株式会社 平野木材 ◆

明日も素敵な一日が皆様に訪れますように!


[PR]

by fujiioyako | 2017-08-18 19:46 | 建築 | Comments(0)

福島で

今日は月に一度の「同業者さんとの勉強会」

大阪福島の関西電力さんの研修施設へおじゃましてきました。
最新IHの実演や、エコキュートの仕組み等を改めて学びました。
(写真撮影はNGでした)

その後は夜の部の情報交換へ・・・(笑)
福島はめったに行きませんが、楽しそうなお店が多かったです。(^^)

b0131526_07271487.jpg



【木と心】でお客様の幸せのお手伝いを・・・
   ◆ 株式会社 平野木材 ◆

明日も素敵な一日が皆様に訪れますように!


[PR]

by fujiioyako | 2017-08-17 23:23 | 建築 | Comments(0)

ミステリー探検会??

今日は、秋のお客様感謝祭イベントの打合せ。
いつも2か月以上前から準備をしています。

案内状も出来上がってきました!

b0131526_07351552.jpg

どうみても、リフォーム業者が行うイベントの案内には見えません。(笑)

「いかにお客様に楽しんでもらえるか?」
「こちらがお誘いしなくても行きたくなるイベントに・・・」

同業者みんなで知恵を出し合って企画しています。
お楽しみにしていたください!(^^)



【木と心】でお客様の幸せのお手伝いを・・・
   ◆ 株式会社 平野木材 ◆

明日も素敵な一日が皆様に訪れますように!

[PR]

by fujiioyako | 2017-08-09 23:30 | 建築 | Comments(0)

木材問屋さん

今日、木材問屋さんの営業マンさんが寄ってくれました。
愛知県犬山市から・・・
日本全国に展開する大きな問屋さんです。

昔、製材をしていたころは「平野木材の製品」を販売してもらっていました。

今は逆です。年に1~2回展示会に行って、いい製品があれば仕入れています。もちろん奈良県の木材を中心に家づくりをしていますが、奈良県にない良材もあります。

例えば・・・無垢1枚板のテーブル板、秋田杉でつくった壁板などなど

今回も、秋以降の工事に向けて仕入れに行こうと思っています。(^^)

b0131526_07395195.jpg


【木と心】でお客様の幸せのお手伝いを・・・
   ◆ 株式会社 平野木材 ◆

明日も素敵な一日が皆様に訪れますように!

[PR]

by fujiioyako | 2017-08-08 23:40 | 建築 | Comments(0)

フォトブック

フォトブックが出来上がってきました!

b0131526_18155338.jpg

新築のお客様につくって進呈しています。
地鎮祭から・・・棟上げ・・・建築途中・・・完成・・・お引渡しと。

工事の流れに沿って良い写真をピックアップします。
以前は、写真をアルバムに貼って作っていたのですが、今はこの方がいいですよね!(^^)

お客様用に1冊と、会社用に1冊。1冊1冊に思い入れがあり、見返すとその現場と当時の事が思い出されます。

もっともっとフォトブックが増えるように頑張ります!(^^)



【木と心】でお客様の幸せのお手伝いを・・・
   ◆ 株式会社 平野木材 ◆

明日も素敵な一日が皆様に訪れますように!



[PR]

by fujiioyako | 2017-08-04 18:16 | 建築 | Comments(0)

これで安心(^^)

先日ご紹介した・・・「カラーベスト」の屋根の改修が完了しました。

暑い中、大工さんそして板金屋さんたちが、段取りよく工事を進めてくださいました。
これで、大雨が降ろうと・・・台風が来ようと・・・雨漏りの心配はありません。

金属屋根の「横葺き施工」・・・このような改修には適しています。
仕上がりも良く、施設の担当者さんにも喜んでいただけました。(^^)

ありがとうございました。

b0131526_22503695.jpg
b0131526_22501623.jpg
b0131526_22505040.jpg
「見た目」も随分カッコよくなりました!


【木と心】でお客様の幸せのお手伝いを・・・
   ◆ 株式会社 平野木材 ◆

明日も素敵な一日が皆様に訪れますように!



[PR]

by fujiioyako | 2017-08-03 22:49 | 建築 | Comments(0)

気密は必要か?

「高気密、高断熱住宅」は正しいのか?
「気密性が高い」と息苦しいのか?

昨日の続きです。

b0131526_21295479.jpg

この写真は、昨日の検査のひとコマです。
建物の内部を「負圧」にして、外部で専用の「煙幕」を焚くと・・・すき間から煙が入ってきます。昨日はほとんどが「サッシ」から入ってきました。昨今の日本のアルミサッシは随分と性能が上がり、断熱性・気密性が良くなってはいますが、やはり部材と部材との間に少しのすき間があるようです。逆に言うと建物のすき間がほとんどないので、仕方なくサッシから入ってきた・・・という状態でした。


『家づくりは夏をむねとすべし・・・』
昔から日本では、夏向きの風通しの良い開放的な家づくりを大切にしてきました。
「だから、あまり気密性能を高めないほうがいいのでは・・・」

しかし、よくよく考えてみると、開放的な家かどうかは、気密性能ではなく窓の配置の問題なんです。窓から風を取り込むことを『通風』といい、勝手に入ってくるすき間風を『漏気』といいます。不快なすき間風が良いはずがありません。

ましてや、『冬の快適性と省エネを実現させるためには、断熱が大切だ・・・』
と高断熱住宅が当たり前になり、省エネ性能の低い住宅は法律で建てる事ができなくなります。

そうなると、『気密性能』もとても重要になってきます。せっかくお金をかけて断熱性能を上げても、すき間だらけだと意味がありません。

つまり・・・現在の日本でいい家をつくるには・・・断熱性能を高める必要があり、気密性能を高める必要があるのです!
「なんとなく気密は息苦しそう・・・」という誤ったイメージだけで、すき間だらけの家をつくってはいけないのです!実際決して息苦しい事はありません。(笑)

と、難しい話で長いブログになってしまいましたが、日々こんなことを考えて家をつくっています。
まだまだ、続きの話はあるのですが・・・また別の日に・・・(^^)



【木と心】でお客様の幸せのお手伝いを・・・
   ◆ 株式会社 平野木材 ◆

明日も素敵な一日が皆様に訪れますように!


[PR]

by fujiioyako | 2017-08-01 21:31 | 建築 | Comments(0)

気密検査

今日は、建築中の現場で『機密測定』を行いました。

特殊な機械で、建物内の一定量の空気を外に出します。すると建物内が負圧になり、すき間から空気が入ってきます。その際のデータを取り、ある公式で計算すると【その建物のすき間面積】が算出されます。(ざっくりまとめてます)

b0131526_20250271.jpg

いわゆる『C値』と言われるものです。家のすき間面積を示す数値で、小さい方が気密性能が高いという事になります。

検査の結果は・・・・・

想定を上回る結果の・・・【0.44】!!!
これは多くのハウスメーカーをも上回る優秀な数値です。


気密性能に優れていると、
・家の中の温度差が少なくなる
・冷暖房の効きが良くなって光熱費が節約できる
・結露がおこりにくくなる
・よってカビやダニの発生の可能性が下がる
・遮音性能が上がる

と多くのメリットがあります。

そして何より、お施主様に快適に過ごしていただけることになります。(^^)

「平野木材の家」は『自然の恵みを活かした木の家』でありますが、前提として『家の性能』にもこだわります。今回の測定は「平野木材の家」の性能の高さを証明することができました。そして、大工さんはじめ職人さんたちの『丁寧な仕事ぶり』も証明できたと思っています。(^^)




【木と心】でお客様の幸せのお手伝いを・・・
   ◆ 株式会社 平野木材 ◆

明日も素敵な一日が皆様に訪れますように!


[PR]

by fujiioyako | 2017-07-31 20:25 | 建築 | Comments(0)

カラーベスト

今日から、お世話になっている施設の「屋根改修工事」が始まりました。

今日も酷暑の中、足場屋さん、大工さん、ご苦労様でした。

b0131526_20355685.jpg

こちらの施設も規模が大きく、また古い建物が多くあります。今回は、「渡り廊下」の屋根の改修です。

雨漏りがするという事で調べさせていただいたら、屋根材が劣化して下地まで水が回っている状態でした。本来はもう少し早めの処置が必要だったと思います。

屋根材は・・・【カラーベスト】と言われるもの・・・【スレート屋根】でした。

b0131526_20352127.jpg
b0131526_20353824.jpg

最近、古い屋根に上ることが多いですが、やはりこの素材が一番弱いように思います。今の建築では「軽い」という事で多く使われていますが、弊社の工事では使用しません。セメント瓦も同じですが、塗装が劣化すると水を吸ってしまい、カルシウムが流出してザラザラとしてきて、少しの衝撃でも割れるようになります。ですので、頻繁に塗装をする必要があります。

なかなかメンテナンスが出来ないところである『屋根』は見た目よりも耐久性が一番です!

今回は塗装では無理なので、この上から合板を貼って、金属屋根をかぶせる施工をします。今回の工事で、不安な屋根を雨漏りの心配のない長持ちする屋根に変身させていただきます。(^^)



【木と心】でお客様の幸せのお手伝いを・・・
   ◆ 株式会社 平野木材 ◆

明日も素敵な一日が皆様に訪れますように!


[PR]

by fujiioyako | 2017-07-29 20:34 | 建築 | Comments(0)

断熱工事

昨日、断熱工事が行われました。

b0131526_07442745.jpg
b0131526_07441560.jpg

「平野木材の家」の断熱は【ノンフロン現場発泡硬質ウレタンフォーム】を標準採用しています。

2種類の液体を専用の機械で吹付けると、瞬時に発砲し70倍~100倍に膨らみます。その気泡の中にはたくさんの空気を含んでいるため、断熱性が極めて高い断熱材なんです。

その他特徴は・・・

・細かい隙間にもしっかりと充填し密着するので、気密性があがる
・優れた吸音性、防音性がある
・結露を抑え、家を長寿命化させる  などなど

今の住宅建築では、まず第1に「断熱性能」が大切です。これは後でやり直すわけにはいきません。この断熱材の厚みによって、壁や屋根の断熱性能が計算されます。

「平野木材の家」は柱のサイズを4寸角(120mm×120mm)を採用していますので、壁の断熱の厚みもしっかり確保できます。

今回もとても綺麗に仕上がりました。これで次の工程の進んでいけます。

来週は、【気密検査】も行う予定です。

b0131526_07443714.jpg


【木と心】でお客様の幸せのお手伝いを・・・
   ◆ 株式会社 平野木材 ◆

明日も素敵な一日が皆様に訪れますように!


[PR]

by fujiioyako | 2017-07-27 23:26 | 建築 | Comments(0)
line

平野木材 社長のブログです。


by fujiioyako
line
カレンダー