2018年 02月 27日 ( 1 )


鬼師さん

今日は、珍しいところに行ってきました。

天理市にある『瓦製造工場』です。今工事をさせていただいているお寺改修工事に使用する瓦を製造しているところで、ここは主に寺社仏閣の屋根に使用する瓦をつくっています。

今日始めて知ったのですが、ほとんどが手作業です。
特に【鬼瓦】・・・これも初めて知りましたが、【鬼師】という鬼瓦つくり専門の職人さんが1つ1つ手作業でつくっていかれます。その鬼師さんによって鬼の表情が違うそうです。今日はその道40年ほどのベテラン鬼師さんにわざわざつくっていただいている「鬼瓦」をみせていただきに・・・そしてそこに「文字入れ」をするためにお伺いしました。

b0131526_18271163.jpg

形の出来上がった鬼瓦に1文字1文字、丁寧に住職さんが文字を入れられました。
この文字が、100年200年と鬼瓦と共に屋根に残ります。

b0131526_22345293.jpg
そして後日釜に入れられ、1000℃以上の高温で割れるギリギリの温度で焼かれ、暑さ寒さに耐え得る、
立派な鬼瓦になるそうです。出来上がりが楽しみです!(^^)
b0131526_18270618.jpg

この瓦工房では、全国のさまざまな寺社仏閣や歴史的な建物からの依頼があるそうです。
これは、東大寺本堂の鬼瓦。大きさにビックリです!

b0131526_18271817.jpg

熊本城の修復用の瓦や、富岡製糸場の屋根瓦の型板まであって、驚かされました。



【木と心】でお客様の幸せのお手伝いを・・・
   ◆ 株式会社 平野木材 ◆

明日も素敵な一日が皆様に訪れますように!


[PR]

by fujiioyako | 2018-02-27 18:12 | 建築 | Comments(0)
line

平野木材 社長のブログです。


by fujiioyako
line
カレンダー